KenjiSawada『沢田研二』⑦

小学館発行の『GORO』の記事をご紹介します。
1974年のジュリーのインタビュー記事(前後ページ略)。

この時代のテレビ界は、まさに歌謡、演歌歌手の独占状態。
そんな中、栄えある日本レコード大賞は、歌手のみなさんの
大きな目標だったですよね。

このインタビューでも、「この賞がほしい」と書かれています。
ちなみに、この年の大賞は逃しました。

とにかくこの頃の賞レースは、毎年、ベテラン歌手が凌ぎを
削ってましたが、それゆえ「大賞」となるには、何かがひとより
抜きに出ていないと受賞できない感じでした。


74年は、フォークと縁がないはずだった演歌歌手の森進一さんが
      吉田拓郎の提供曲「襟裳岬」を歌って大賞。

75年は、売れ出していた小椋 佳さんから提供された「シクラメンの
      かおり」をこれまた少しイメチェンしてギターを持って歌った
      布施明さんが大賞。

76年は、「アンコ椿は恋の花」以来、10年50曲以上のシングルを
      経て、作詞:阿久悠、作曲:小林亜星という売れっ子コン
      ビによる「北の宿から」を熱唱した都はるみさんが大賞。

77年、  圧倒的なビジュアル系歌手として、そして演歌組を押さえ
      込んでしまうほどの歌唱力をもって沢田研二さんが受賞。
      曲は「勝手にしやがれ」。
   このGOROインタビューから3年後でした。

ちなみに、72年、ちあきなおみさん、73年が五木ひろしさん
ですから、
この顔ぶれの中で、
ジュリーが成し遂げたことは偉大なことでした。



Image can not be found.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック