美空ひばりさんの実力と魅力3

美空ひばりさんは1989年、昭和64年(平成元年)に亡
くなりました。

よく「昭和を代表する・・」というフレーズがあるけれども
ひばりさんは、まさに、昭和というレールを走り、昭和
とともに幕を降ろした生涯でした。

~~~~

ステージ以外のひばりさんを見るとまた別の魅力があ
ります。飾らないストレートな振る舞いがいいです。

とはいえ、早くから女王として讃えられていたのだから
その風格は隠せないですね。

女王と言われても、常に身近な関係者に支えられてい
ました。


紹介するカットは、1971年、昭和46年、芸能生活25周
年のころ。ひばりさんを支える人たちもみんな元気でした。

当時の年齢は33~34歳。





東宝映画の「ひばりのすべて」より
このカットは好きな一枚
画像
















画像















母と階段をあがっていく
画像














当たり前だけど、ひたい、目、鼻、口などそっくり
画像
















画像














今、このタイプのサングラス掛けているひといるなぁ。
画像














おどけたひばりさん。新宿コマでのリハ。
画像














ステージ直前のキリッとしまった顔のひばりさん。
画像














どん帳が上がる前にみなさんとあいさつ。
画像














コメント不要の風格
画像














このカツラのひばりさんも、とても魅力的です。
画像















画像














このあと、ひばりさんは、1989年まで現役を貫きました。

*次回「美空ひばりさんの実力と魅力4」
  にてもう少し好きなカットを紹介したいと思います。




ひばりのすべて [DVD]
東宝ビデオ
2005-03-25
美空ひばり

ユーザレビュー:
飛ぶ鳥を落とす勢い東 ...
昭和46年5月の四国 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック