KenjiSawada『沢田研二』15

実家の押し入れから古い「どてら」が出てきた。

綿が入った日本の防寒上着。


江戸時代のお風呂屋さんのサービスとして背中を流したり

していたひとを、湯女(ゆな)といったそうな。

遊郭でも流行り、客(武家)がその湯女が羽織っていた衣服

を自慢げに身に纏うようになり、その後一般化したらしい。




下はジュリーこと沢田研二さん。「どてら」なのか、どてら風の

掛け布団なのかわからないけど、寒そうな部屋でも、ぬくぬく

した綿の温もりが感じられるカットです。

画像














ザ・タイガース東北公演(郡山、山形、青森)の旅の宿にて




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック