G.B.コレクション | レコード盤ライフ

ジョージ・ベンソンのLPは1980年以降よく聞いた。

周囲ではアースウィンドファイアを聞いてたり、サンタナを聞いて

たり、フュージョンではボブジェームスとかだった。

また、『メロー』なんて形容も出て来て、大人し系のマイケル・フラン

クスは「メローといわれるアルバムはこういうものか」と認識指標に

なった。



ジョージ・ベンソンはメローではないが、押さえた音作りなのに

クオリティの高さを感じた。当時、最初に買ったのがギヴ・ミー・ザ・

ナイト。出だしから独特の音作りにノックアウト。




後に他2枚買って計3枚。そのうちの一枚がG.B.コレクション。

勢いで買った感があるけども、歌詞カードなどがお洒落。

今見てもセンスがいい。

画像















画像

















画像

















画像

















オーディオとしては、低域がボワーンとするスピーカーではちょっと

もったいない。ただし、低域自体はあまり出なくてもミドルレンジが

そこそこなら楽曲を楽しめる。

はじめて聞く人には、ギヴ・ミー・ザ・ナイトがいいかもしれない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック