渚でクロス| レコード盤ライフ

1976年に百恵さんが歌った「横須賀ストーリー」は、

作詞、阿木燿子さん、作曲、宇崎竜童さん夫婦コンビだが、

継続的に曲を提供するほどまだ売れっ子ではなかった。



半年以上あとの1977年になって、再び百恵さんに提供にすことに

なって、

「夢先案内人」、「イミテーション・ゴールド」がヒットし、このあたり

から百恵さんへ提供比重が増して行く。



同時期につくった「渚でクロス」は百恵さんではなくホリプロスカウ

トキャラバンから出た荒木由美子さんにデビュー曲として与えられ

た。


画像















ルックス・スタイル、声もよい期待の新人で、「渚でクロス」の

インパクトも上々だったが、以降、下降路線をたどる。




この「渚でクロス」は、「意外とかわいい坊やみたいね」などと

阿木さんらしいし、

リズミカルな音階は宇崎さんらしく、リードギターの入り方など

阿木・宇崎コンビのカラーがはっきりしていて、

1年後の「プレイバックpart2」に通ずるエッセンスがある。



頭の中で、百恵さんが、百恵さんらしい歌唱法で歌っていること

を想像してみると怖いぐらいしっくりくる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック