Morris モーリスW-35というギター

1973年 Morris モーリスW-35。

当時、クラッシックギターを親に買ってもらったらどうもフォーク

ギターとは別物ということに気づき、次にフォークギターを買って

みたら、アーティストが持つギターと形が違うことがわかって、

ウェスタンギターというジャンルがあることを知る。次に買った

のがウェスタン型のこのモーリスW-35だった。えらい遠回りした。


画像




















Gがかっこよかった。
画像














バック板もお洒落で気に入っている。※白いとろこは映り込み
画像




















今となれば、1973年の打刻はそこそこ重みがある。
画像

















世に言う「はずれ」ギターなのか、後年になって4~6番の音が

あまり前に出ないことを認識した。

今となってはその特性を生かしてたまに使用しているが、1~3

弦の音はシャリンシャリンと鳴るので結構面白い。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック