吉永小百合さん、以前は全国縦断リサイタルやってた

1967年の近代映画より。

リアル世代だったら吉永小百合さんのリサイタルを

見たかった。

このとき、小百合さんは22歳。


ここでの解説には、

たったひとりで、歌い、弾き、しゃべる二時間

と言う感じで書いてある。

画像




















弾くとはピアノ?


レコードを多数出しているのは知っているけ

れど

歌で全国縦断のコンサートをしていたなんて

知らなかった。



タイムスリップして見て、聞いてみたい。

いや・・、今でも歌ってほしいな。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミサワオサム
2020年03月20日 23:40
70歳の男です。1967年だったと思いますが、大阪フェスティバルホールでのコンサートを見ました。当日券B席だったので前のほうへ行き、通路に座ってみました。1部は、橋本忍さんの「忍ぶ川」を2人芝居。相手役は民芸の米倉斉加年さん。有名な抱き合って寝るシーンはシルエットで表現していました。2部は歌。夢の時間はあっという間に感じました。警備の方がステージの前にずらっと並んでガードしていました。その後もコンサートをするのか注意してプレイガイドを見ていましたが開催されることはなかったです。
cary
2020年03月21日 23:50
1967年ごろのコンサート情報ありがとうございます。
Wikiなどを含めてこの縦断リサイタルのことが書いてある
記事などがあまりないので貴重な内容です。感謝です。