銀座松屋に登場したサンダーバード1号

土石流、がけ崩れ、遭難、ビル火災などの事故がある度に
何とか速やかに人命救助をする方法はないのか!、

と思いつつ、

サンダーバードの登場と結びつけてしまうのは我々おじさん
たちの年代。



写真は、1967年の平凡パンチで取り上げた
銀座松屋に登場したサンダーバード1号。

銀座松屋さん、やりますね、すごいな高さはなんと14m。



画像





















これほど、先に述べた災害や事故に登場してほしい
主役はいない。



事故や災害に活躍する主人公や組織を題材にする
こども番組は、現代では流行らないらしい。

人気なのは、超人的な主人公ばかり。



将来、今の子供たちが災害、事故の救助を連想できる
主人公を生み、
それらに応用できるハイテクの開発に大いに携わってもらい
たいと、
現役引退前後の世代は思います。


そういった意味で、困難を乗り越えて人命救助を成し遂げて
しまうサンダーバードは将来のある子供たちのために貴重な
モデルではないでしょうか。



そんな子供たちに銀座松屋さん、もう一度どうですか。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック