上々颱風は、お囃子の現代の伝道師だ

日本文化いろは辞典によると、


おはやし、お囃子、囃子または囃し、とは、


音や舞、踊りなどを高揚させるために、言葉や音楽で賑やかに


「はやし立てる」事を指します、 とある。



小学校のころ、キンカン本舗提供の


素人民謡名人戦で、甲高い女性の合いの手や、


間の良い三味線や太鼓で、なぜかこどもながらに高揚していた。



きっと、主旋律に対して何らかの「囃したて」によって


今でいう、ノリがよくなる気分を特に日本人はDNAにもっている気がする。


写真は、キンカン本舗提供の素人民謡名人戦。

画像













で、当ブログでもたまに取り上げる上々颱風について。

※現在は一時活動を休止中

画像
















CDなどでは、映美さんと郷子さんのボーカル兼、楽しいこの「お囃子」が


数えきれないくらい入っていて、それに男性メンバも加わり、


ジャパニーズ「ノリノリ」気分をたっぷり味あわせてくれる。



合いの手ともいうべき「囃し立て」は、外国の曲にもあるけど、


こと日本、とりわけ上々颱風に至っては、


その総数たるやギネス級かもしれない。



上々颱風は、現代音楽の分野におけるお囃子の貴重な伝道師だと思う。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック