ある意味進歩していない掃除機

ルンバ型はともかく、

なかなか進化しない従来型掃除機にもの申し上げます。

画像














◆掃除機本体がよく横転する。
1.本体が電源コードに乗り上げて横転しやすい
2.掃除機本体とノズル間のホースがネジレて横転しやすい
3.敷居に乗り上げた瞬間横転しやすい


◆掃除機が思うようにいかない。
4.本体が思うようについてこない
5.本体が流線型にもかかわらず柱なでにひっかかる
6.開いたドア下の隙間に電源ケーブルが挟まりやすい
7.電源ケーブル巻取りが途中で止まる
8.電源OFF後に塵取り機能などが動くためコンセントを変えるのがじれったい
9.吸い込みヘッド部分の回転ローラーが動かなくなりやすい
10.ノズル先端でつぶ状のごみを前方に弾いてしまい吸い込まない


◆掃除機本体に危害を加えられる。
11.本体をぐっと引き寄せると足のかかとに一撃をくらう
12.電源ケーブル巻取りで手の甲などに一撃をくらう


掃除機の吸引力、静音の技術は進歩しているけれど、
ここにあげたことは、昭和の時代からあまり
変わっていない。


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック