紅龍&ひまわりシスターズの「アジアが一番」

上々颱風をそこそこ聞いていたひとには、その前身である
紅龍&ひまわりシスターズの
「アジアが一番」は少し驚くかもしれない。

※かわいい郷ちゃんをCD「アジアが一番」より
画像














ときは1982、3年でいわゆるインディーズレベルのアルバム
なので音は期待してはいけないのと、

郷ちゃん(西川郷子さん)の声は
甲高くなく、まったくふつーなのであります。

とはいえ、一部、合いの手でなどで、その片りんをのぞかせ、
心地よい歌声を提供してくれていることに変わりありません。

上々颱風になってからのボーカルでは、映美ちゃんとの濃淡がハッキリ
しているのに対し、

ひまわりシスターズでのふみちゃんとの濃淡はほとんどなく、
よく聞かないと聞き分けられないぐらい似ているところが特徴です。


紅龍&ひまわりシスターズであっても、
ほぼ、上々颱風として出来上がっているので聞いていて楽しいです。


日本人の心の中に、しゃんしゃんと鳴り物が響かせながら、
心地よい歌を聞かせてくれるグループだと思います。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック