我が家に釣銭確認の偉人

店員が釣札の確認を声を出して当たり前のように

するようになって30年以上経つかな。

和菓子販売をしていたうちのばあさんの自慢話は、

この先駆けだったと言っていた。

少なくと50年前にはやっていたことは知っている。

画像























きっかけは、釣銭をごまかす女の客の存在。

何回か引っ掛かった結果、悔しくて考案したとのこと。

店は繁盛していたので、当時は他の客に聞こえるよう、

声をだして札の枚数を数えたのが始まりだそう。


なんか、ちょっと身内に偉人さんがいる気がしてきた。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック