ジュリーは、、身をよじらせたときのボディーライン

昭和の歌手・タレントのシェリーさん。

14歳デビューの典型的なハーフ女子でした。

このEPジャケでも飛び切り美人だったことがわかります。

シェリーEP.png


そんなシェリーさんが

外国人ならアランドロン、日本人ならジュリー、

と言っているのは、

雑誌「GORO」の「女の興奮学」という男性雑誌ならではの記事。


押入れアーカイブスより、
昭和にありがちなソフト路線の異性記事。
DSC00272.jpg




ジュリーは、歌っているときの表情とからだの動き。

顔をしかめて手を伸ばして絶叫するポーズにエクスタシーを覚えるの。

それと、身をよじらせるときのボディーライン。

あれこそシェリーが感じる男のセックス・アピールね。


DSC00275.jpg


ちなみにシェリーさん、Wikiさんによると

母の介護、自身も脳梗塞になるなど苦労されて

現在も民間でお仕事をされているようです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント