出発(たびだち)の歌 上条恒彦と六文銭

声量ある上条恒彦さんと

小室等さん率いる六文銭という地味なフォークグループが

即席ワンチームでステージ歌唱。

その「出発の歌」で国内予選グランブリ、

本選、世界歌謡祭グランプリ受賞。1971年。


ちょっと上のお兄さんたちの世代ですが知ってます。

嘘のような話をWikiさんから抜粋。



六文銭は小室等さんリーダーのフォークグループでした。

国内予選のポピュラーフェスティバルに、

小室等率いる六文銭と上條恒彦は別々にエントリーしてました。

キングレコードのデレクターが小室等さんに

それぞれ1曲ずつ作曲を頼んでいたのに、

当日までに1曲しかできず(バーロー!?)、その1曲を

急遽一緒に組んで上條恒彦+六文銭として参加してグランプリ。

えっ、この予選、

他の参加者が大したことないんじゃないの?と思いますが

なんと、当時のヒット歌手たち、

沢田研二、伊東ゆかり、ピンキーとキラーズ、赤い鳥、

トワ・エ・モワ、弘田三枝子、中尾ミエ、ブルー・コメッツ

なんですね。


あり得ないことが起こったのでした。

そして本選の世界歌謡祭でもグランプリ、と。



その後速攻で?六文銭は解散します。

わが家の押入れアーカイブスより、その頃のヤングギターからの記事紹介。

DSC03335.jpg

一番右は、四角圭子さん(元 志摩ゆきさん)。

グループにワンポイント参加した

吉田拓郎さんと結婚する直前なのでしょう、

「私は もう 結婚しちゃいます」と書かれてます。

DSC03336.jpg

鼻の穴が黒いのはどういうこと?








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント