テーマ:レコード盤

ゴールデン・フライト | レコード盤ライフ

1977年8月発売の山口百恵さんのLP『ゴールデン・フライト』。 この年、阿木・宇崎コンビで4月に『夢先案内人』、7月に 『イミテーション・ゴールド』とシングルヒット。 このコンビによるヒット量産のスタート時期だった。 ちょっと不思議なのは、1年前の76年6月に『横須賀ストーリー』 で初起用の阿木・宇崎…

続きを読むread more

L・A・ブルー | レコード盤ライフ

当時レコード店でこの『L・A・ブルー』を手に、なんて雰囲気のある ジャケットなんだろうと感じたシーンを思い出す。 このシンプルな濃淡なジャケットに反して、中にはとても綺麗な 山口百恵さんと風景の写真がちりばめられている。 この百恵さん、自然な感じでとびきり気に入っている。 …

続きを読むread more

パーシー・フェイスオケ | レコード盤ライフ

オーディオブームと並行してパーシーフェイスオーケストラや ポールモーリアオーケストラなども人気となった。 同時に、ディスコやバンプ・ソウルなどのブームも重なった。 前出のオーケストラなどが(どういうわけか)ディスコ調バージョン を収録したLPを売り出したのだからブームという力はすごい。 内容はという…

続きを読むread more

オリーブの首飾り | レコード盤ライフ

オーディオに興味を持った頃、このLPをよく聞いた。 低域のベースとたぶんバスドラが歯切れよくリズムを刻んでいる のだが、そこに透きとおるようなストリングスが流れる。 ひさしぶり聴いていると、もう成人している子供が部屋に入ってきて、 この良い音に感想でも言うのかと思ったら、「なんだあ~?、なに手品 の…

続きを読むread more

明日の前に | レコード盤ライフ

この『明日の前に』をカラオケで歌いたくてもリストに出てこない。 ちなみにビッグエコー。 いい曲だと思っている。 軽くギターストロークで歌うだけでも気持ちが和む曲だ。 カラオケでも歌ってみたいのだが・・。 吉田拓郎本人バージョンもいいし、堺正章さんもとてもよい。 研ナオコさんも歌ってた。 …

続きを読むread more

リッキー・リー・ジョーンズのPOPPOP

オーディオを聞くためのソースとしては、ボーカル、ベース、 ギター、およびピアノというシンプルな構成が、 ややパーカッシブな音を楽しむ者にはたまらない。 ストリングやサックスが入ってももちろんいい。あくまでも シンプルで曲のヤマ場において 不協和音に至らない楽曲を好んでいる。 ちなみに、昔よく聞いたフュージョン系はこの…

続きを読むread more

ダウンタウンブギウギバンド | レコード盤ライフ

久しぶりにダウン・タウン・ブギウギ・バンド(・が多い)を 聞いてみた。 最近のひとはブギってなに?と言う感じかもしれない。 彼らはブギばかりでなく、ブルースも手掛けている。 宇崎 竜童(うざき りゅうどう)さんの声は、なんといっても ブルースが似合う。 収録自体はレンジが狭いというか、こじんま…

続きを読むread more

ひろしとギター

このシリーズのレコードを買ったのは、もうずいぶん昔。 木村好夫さんのギターに憧れ、ナイロン弦ギターを買っ てしまった。 二本のギターが織りなす演歌の世界に浸れるシリーズ 化されたLP。 弦の響き、ビビり音などを上手く収録するようなこだわり はないが、とにかく他の楽器の音が無いから非常にシン プル…

続きを読むread more