テーマ:アコギ

マーチンドレッドノート

マーチン ドレッドノートについて 50年も前の雑誌解説を紹介します。 1973年当時の解説をヤングギターから一部引用します。 1973年当時の価格と所有者です。 いわゆるこのDモデルは、イギリス戦艦から取ったもの。 この型のオリジナルは1917年に誕生している。 D18 \202,000- D28 \266,0…

続きを読むread more

ギルド

ギルドについて 50年も前の雑誌解説を紹介します。 1973年当時の解説をヤングギターから一部引用します。 プロ好みの癖があって使用者が多い。 マーチン、ギブソンと並ぶ大楽器メーカーで その名に恥じぬ名器を送り出している。 仕上げも一流で音質は硬く澄んでいる。 ドレッドノートモデル D50ブルーグラス・スペシャル…

続きを読むread more

マーチンドレッドノートSモデル

マーチン ドレッドノートSモデルについて 50年も前の雑誌解説を紹介します。 1973年当時の解説をヤングギターから一部引用します。 1917年にディットソン・ギターの名称で発売されている。 ヘッドはクラシックスタイルで12フレットネックを持ち、 ボディは美しい曲線を呈している。 型 D18S、D28S、D35S …

続きを読むread more

マーチン グランドコンサートモデル

マーチン グランドコンサートモデルについて 50年も前の雑誌解説を紹介します。 1973年当時の解説をヤングギターから一部引用します。 00-18、00-21、00-45といったダブルオーの冠称が付いたモデル。 00-18はウェスタンスタイル、他の2種はクラシックタイプでヘッドは Sモデルと同じ。 00-45は、19…

続きを読むread more

弦が緩まないようにする2つのコツ

一応、長年何種類かのギターさんを扱っているので個人的な経験として。 #1弦の巻きがみなさん多すぎます。なので緩むのです。 何重にも巻くと、緩みシロを増やしていることになります。 ほぼ緩まないコツは、 ✅1巻き半が理想的。そのぐらいであれば緩みシロは少ないです。  それより巻きが少ない場合は不安なのでやめましょう。 …

続きを読むread more

アコギと沢田研二さん

拓郎世代のアコギやエレアコは、ボディーとヘッドは 水平がメジャースタイルで、 ヘッドは、やや下がり気味もかっこいいんです、と以前も書きました。 陽水も長渕はん達もそう。 で、沢田さん。バンド仲間は多いし、特に井上堯之バンドには たくさんの奏法も教わったようで、沢田さんは ギターがうまいから、抱えたスタイルは本物です。 …

続きを読むread more

ギルド 吉田拓郎

ギルドはよく鳴る。 当方の超廉価版ギルドD4でも、 やっぱりよく鳴るのであります。 過去に掲載したGUILD D4の紹介ブログ。 http://cary.at.webry.info/200911/article_4.html で、拓郎さんの写真に登場していたギルドは、 F50であります。 本人曰…

続きを読むread more

加藤和彦 吉田拓郎

若干蔵出し月間になっております、手持ちの古い雑誌より。 あらためて加藤和彦って小顔でいい男であります。 それはさておき、73年のこの記事では、 拓郎の使っているギターは、マーチンD-35。 最初は、マスター、次にヤマハ、次にカワイ。 それか…

続きを読むread more

ギブソン ジャンボフラットトップモデル

1973年のヤングギターにみる当時の解説。 使用者など紹介してくれています。一部引用します。 ~~~ J200スーパージャンボ \370,000~\390,000 愛用者が多く、エルヴィス・プレスリー、イアン・マシューズ、 バリー・ギブ、加川良(イサトの所有物)。 ドブ(Dove) \300,000~…

続きを読むread more

アコギのハープトーン

1974年のヤングギターにあるハープトーンの 紹介記事です。 一般ぴーぽーには馴染みがないメーカーなので 当時の記事を一部紹介してみます。 ~~~ ボディ裏板などは一枚板であるが、微妙に整形してあり、 科学的な裏付けがなされているらしく、 音色は過去のどのギターにも似ず、独特の美しい音が する。 ジョージ・…

続きを読むread more

オーベイションというギター

今はオベーションが一般的な表記なのか、Wikiもそうなってます。 オーベーションとして紹介している1973年のヤングギターから 一部引用します。 ~~~ ボディ裏がライラコードと称するグラスファイバーと 布を松ヤニで固めた物質で作ってあり 普通のギターと違い丸く弧を描いている。 丈夫に作られており形も品がある。新し…

続きを読むread more

グラマーというギター

一般ぴーぽーには馴染みのないギターメーカー なので 1973年のヤングギターから引用してみます。 ~~~~ 最近のカントリー系アーティストに好んで使用されています。 ヘッド、ピックガード、サドルはかなり派手、性能は脱帽せざるを得ない。 音のバランスが良いことからレコーディング等でも使用されるこが多い。 G50(ジョ…

続きを読むread more

ギャラガーというギター

J.W.Gallagher。 一般ぴーぼーからすると馴染がないギター名なので 1973年のヤングギターにある記事から引用してみます。 ~~~ マーチン系職人といわれているギャラガー氏の作品。音質、 音量ともきわめて優秀とドク・ワトソンが宣伝している。 マール・ワトソン、ランディ・スクラッグス、二ール・ダイアモンド …

続きを読むread more

Epiphoneエピフォン1963 AJ45 VSというギター

ハードオフで購入したギターは2本目となりました。 今回は、Epiphone エピフォン1963 AJ45 VSというギターです。 以前、同店で2000円ぐらいのギターを購入したブログははこちら http://cary.at.webry.info/201012/article_1.html エピフォン1963 AJ…

続きを読むread more

エピフォンというギター

エピフォン、ずいぶん見かける気がしますが、 1973年のヤングギターに書いてあることを引用してみます。 ~~~ 昔は一世を風靡した感があったが、今はあまり使われていない。 しかし、コレクターの間では昔のモデルが引っ張りだこ、とか。 使用者は、 ローリング・ストーンズ、アーネスト・タブ、ニッティー・グリッティー、 マ…

続きを読むread more

KenjiSawada『沢田研二』33

手元にある別冊少女コミック1973年です。 コミック紙といえども時節のスター記事は、 小スペースでもしっかり載っていました。 実益を兼ねた沢田研二さんの趣味と題して 作詞作曲をするためにギターが必要で …

続きを読むread more

愛しのジュリエット | レコード盤ライフ

1976年頃、カラパナのシングルレコードで愛しのジュリエット。 画像検索してもあまり出てこないジャケット。ジャケットが途中で 変わったのか、あるいはLPが良く売れたグループだったのかな。 どちらにしてもヒットしましたね。 今サウンドを聴くと、当時とし…

続きを読むread more

Morris モーリスW-35というギター

1973年 Morris モーリスW-35。 当時、クラッシックギターを親に買ってもらったらどうもフォーク ギターとは別物ということに気づき、次にフォークギターを買って みたら、アーティストが持つギターと形が違うことがわかって、 ウェスタンギターというジャンルがあることを知る。次に買った のがウェスタン型の…

続きを読むread more

Micaela D100というギター

生活圏内のBOOK・OFF隣りにあるハードオフ。 ここで、Micaela D100というギターがジャンク品で売っていました。 サウンドホール内のラベルでKorea製とわかるけども、いくらの ギターなのかな。 ペグは浮いてガタガタ。全体はホコリだらけで、ボディーは「ゴン」 とどこかにぶつけたような傷がいくつか。 …

続きを読むread more

YAMAHAヤマハLA-18Jというギター

このYAMAHAヤマハLA-18Jというギターは店頭で弾いた ときの音色がよく、また、ピックガードがないシンプルで シャープなデザインが気に入って購入しました。 フィンガーピッキングで使用しています。 いつも弦が生き生きしている気がする音色です。 上には上がありますが、コストパフォーマンスが良いと 思って…

続きを読むread more

GUILDギルドD4-NTというギター

先日、OOO-28を手放したときに書きましたがギターの 写真はまったく撮っていなかったので、後悔しきり。。。 手持ちのギター の写真を撮っておくことにしました。 愛用しているのは安価なギターで、その一台が GUILDギルドD4-NT です。 好きなところは、、 1. ヘッド   特にこの黒いヘッドが…

続きを読むread more