テーマ:音楽

おすすめ 裸足のフローネ

【おすすめサウンド】裸足のフローネ 誰でも知っている? 家族ロビンソン漂流記、不思議な島のフローネ。 今日、紹介するのはこの原曲ではありません。 これより下段にあるものです。 「I Pray」でも有名なPUSHIMさんの「裸足のフローネ」です。 レゲエのリズムと、歌唱力のあるPUSHIMさんの歌がすばらしいので 紹…

続きを読むread more

夏は夏らしい音楽がいいな。

歌謡界が活発な頃、 夏は夏なりの歌が当たり前のように TV・ラジオを賑わせました。 押入れビデオアーカイブスより、 夏ざかりほの字組は、田原さんと研さんの明るい 雰囲気と相俟って好きでした。 スナップショットをどうぞ。 ものすごく楽しそう。 実はなかなか真似できなス…

続きを読むread more

押入れから拓郎さん

だいたいこういうネタがその号のメインになるときは 他に大きいニュースがないとき。 ただ、登場するスター名からすると 当時(1983年)の顔ぶれとしては、 トップクラスのネタでした。 押入れアーカイブスより、 『吉田拓郎がニセ拓郎を告訴!』 ちなみに拓郎の声や会話内容が偽拓郎とは思えないほどの ニセクオリティーだったと記載…

続きを読むread more

おすすめ U.S.Navy Bandのライオン・キング

【おすすめ サウンド】Circle of Life and He Lives In You 単に、合唱隊や楽団と思ってはいけません。 ボーカル、演奏とも、しばらくハマってしまった 大好きなU.S.NavyBandです。 簡単に言うと、良い音質で録音されている野外演奏ですが、 知る人ぞ知るプロレベルのエンターテナー集団です。…

続きを読むread more

おすすめ Save the Last Dance for Me

【おすすめサウンド】 ザ・ドリフターズ(THE DRIFTERS)をご紹介。 ロック、ポップス領域で、世界の多くのミュージシャンに 影響を与えた超、超、超名盤です。 1960年代初期のステレオ録音で、 楽器、ボーカルが実にリアルすぎるぐらいリアル。 ほぼ、左右どちらかからしか聞こえない楽器が、すごく楽しく、 スピーカー、イ…

続きを読むread more

おおすすめ Duke Elegant

【おおすすめサウンド】 そこそこ刺激があって、でもずっと流していられるそんなアルバムを1枚紹介します。 DR. JOHN さんの 「Duke Elegant」 リズムを刻むドラム(特にスネア、ハイアット)とベースが ひたすら正確に、でも、シャウトしている一流の演奏です。 本人のキーボード、ピアノと独特のボーカル、それから ベ…

続きを読むread more

カセットテープはプチブーム?

誰かの新譜に、あの「カセットテープ」も付けて販売、 なんて企画もあるんだそうで。 カセットのプチブームなの? 押し入れアーカイブスより、 カセットテープ全盛のころの1枚の広告写真。 この広告は、1980年。 シンプルでコンパクトなSONYのウォークマンが出たのは1979年。 ということは、ウォークマンと同じ土俵では…

続きを読むread more

坂崎幸之助さん、若っ!

押し入れアーカイブスより、 坂崎幸之助さん。 坂崎幸之助氏の右下の紹介、 アルフィーというフォーク・グループのリードギターを担当・・、と。 「という」が歴史を感じます。 お顔もフォーク少年。。 こちらは、あまり長続きしなかった?記憶の雑誌で、創刊号です。

続きを読むread more

好きなテレ東、から出てきた森アナ

テレ東のTHEカラオケ☆バトルで、 ハキハキ喋るアナウサーとして認知した 森アナ(森香澄さん)。 その後なんだか、めきめき頭角を現わしてます。 一応、カラオケ☆バトルのアナとしてのファンですが 以下のTouTubeはなかなか良いと思います。 こちらは、【DJ KOO×森香澄アナ】合唱曲『マイ バラード』をクラブミュージッ…

続きを読むread more

66になったアルフィーさん

押し入れアーカイブスより、 The ALFEEです。 坂崎さんがまだ南こうせつ風のこの頃の記事は、 「60になってもアルフィーやってるでしょうね」と。 202007現在、坂崎、高見沢さんが66歳、桜井さんが65歳だそう。 現役バリバリ。

続きを読むread more

音符読み

ギターはコード進行ぐらいの技量なので、 音符は苦手。 ネット上のこちら、勉強用にはいいかな。

続きを読むread more

一等賞ってまだ使う?

押し入れアーカイブスより、 沢田研二さん。 運動会の駆けっこで一等賞をとった、って よく言いましたが、今でも「一等賞」は使うのかな。 そうか、歳末大売出しの抽選会でも使ってますね。 その「一等賞」の文字がある雑誌から 「ジュリーはやっぱ一等賞」。 出だしのコーラスから最高、と"おまえにチェックイン"をべた褒めす…

続きを読むread more

おすすめ Number Ones

【おすすめサウンド】「えー、マイケルジャクソン?古いし、聞き飽きました」と言わずにしっかりした再生機で聞いてもらいたい1枚。 良いイヤホンとかヘッドホン、しっかりしたアンプ、スピーカーにて大きめの音で聞いてもらうと、 あんたのスピーカーはその程度かい?と言わんばかりのどこまでも歪まない良い音が収められています。 サンプルはmo…

続きを読むread more

杏さんの「教訓Ⅰ」は随分歌いこまれてる不思議

杏さんが歌う「教訓Ⅰ」が話題です。 数十回歌いこまないと、あそこまで自己流の味がでないので決して付け焼きではない感じです。 いつから歌ってるんだろう? 「反戦歌」「反体制」時代(1960年後半~1970年あたり)のうたです。 当サイト的には、「10年目のギター」で拓郎さんが西岡氏、小室氏をバックに加川良の「教訓Ⅰ」を歌ったの…

続きを読むread more

書く文字を映されるのはやだよね

押入れビデオアーカイブスより、 JUDY AND MARY。 文字の羅列を見て視聴者が引いた(であろう)瞬間が 〇〇%!、みたいな。。 番組で年賀状を書くシーン。 「大きくなってからあまり漢字を書いてない」と。それよりも真っすぐじゃない・・。 ハガキの中央までいってもまだ住所が終わらない。。 ご愛敬とい…

続きを読むread more

小室さんとKEIKOさん

押入れビデオアーカイブスより、 globe。 今、ニュースでは、小室氏とKEIKOさんの離婚調停がどうのとか、そういう話は、できれば聞きたくないな。 CDTVから、globeを1枚ご紹介します。 この順風満帆に裏打ちされた表情っていいよね。

続きを読むread more

押入れからPUFFY

押入れビデオアーカイブスより、PUFFY。 年代的に、きっかけは井上陽水→奥田民生、ときて そしてふたりのキャラ、という順で注目しました。 ついにはPUFFYだけで魅力Maxです。 放送は96年末かな?、CTSpesialより何カットか PUFFYをご紹介。 横移動ベルトコンベヤーで登場、バランスを崩すもご愛敬。 …

続きを読むread more

君だけにと指を差す

かっこいいスターに指を差されて叫ばれたらキャーキャー言って失神するのもわかる気がする。 この指を差す前のモーションが実はかっこいいんです。 野球人間ならわかると思います。 ボールをキャッチした強肩の外野手が、キャッチャー目掛けてバックホームする力強い投球に至るフォームなんだな。 このスナップショットはまさにそ…

続きを読むread more

ピンクレディー、されどピンクレディー

ふたりの振りがピッタリのようで実はとても個性があったピンクレディー。 一時復活したとき、踊りのキレもデュエットの歌唱力もパワーアップして、ビックリしたもんですが、 でもやっぱり、振りの一部については、リアル当時と同じで、ふたりの個性が出てました。 それがミーちゃん、ケイちゃんペアのいいところとでもあります! ・ミーちゃんの身…

続きを読むread more

おすすめ 1939~ムッシュ

【おすすめ サウンド】10年ぐらい前の作品だけど、ムッシュかまやつさんの代表的な遺作だと勝手に思ってます。主にザ・スパイダース時代の曲だけど、 洗練されていて、素敵な曲になってます。 武部さんプロデュースで、feat.の方々がすごいんです。 今井美樹、秦基博、THE ALFEE、トータス松本、一青窈、布袋寅泰、森山良子、森山直太朗…

続きを読むread more

トライアンフTR3Aとかまやつさん

こちらのクルマは記事にあるようにトライアンフTR3A。 小ぶりで個性的でおしゃれ感最高。 そんなトライアンフに腰かけているのは当ブログ10回目の登場のかまやつひろしさん。 ♪遊び上手なバンバンバン にくい男さバンバンバン バンバンババババババババン

続きを読むread more

かっこいい加橋かつみさん

押入れアーカイブスより、加橋かつみさんです。 この写真、今風に言うと「めっちゃかっこいい」。 こちらはデビュー当時のソノシート差込み写真。ちょっとかわいらし加橋さん。 おお、キリっとした好青年。

続きを読むread more

テレワークとマライヤさん

ここに来てテレワークが増えて歩かない。困った、太ってきた。 長い人生の中では何回か繰り返してますが。 唐突に、押入れビデオアーカイブスより、リバウンドを繰り返しているマライヤさん。 1990年代前半の細いマライア・キャリーさんを紹介します。 軽やか、 素敵な顔立ち、 整ったスタイル、ひきしまったヒップ、 えっと…

続きを読むread more

伝説になりつつある小林克也さんのDJ

押入れビデオアーカイブスより、小林克也さん。 ナレーションなども含めて、名実ともにDJの第一人者。 小林さんの声を知らない人はいないと思います。 たぶん、このビデオは1980年代後半なか? 今も現役。 ベストヒットUSAを続けていることは知らなかった。 すごいな、もうすぐ80歳でも衰えない! 応援してます。 …

続きを読むread more

気になったEPレコード

気になったEPレコードタイトルをまたまた紹介します。 ◆眠れない...眠らない ◆鳩時計は唄わない◆恋は知らない ◆彼によろしく ◆南京町から ◆捨てられちゃったマコ ◆ボーイッシュ・ベイビー歌手?金髪のジョージ →タイトル越え ◆俺は行く ◆まるはだかON THE BEACH ◆何がどうしてこうなった ◆大売出し開…

続きを読むread more

「きびしーっ」の財津一郎さん

昭和のお茶の間で知らない人はいない、「きびしーっ」と「~ちょうだい」の2パターンギャグで笑わせてくれたのが財津一郎さんという方。 今年2月で86歳(Wikiより)。 お元気なら、このご時世なので連発してください!、と思う次第。 そう、「もっともっとタケモット」のあのひとのことです。 今宵の1枚。boketeより出典。 これ…

続きを読むread more

気になったEPレコードタイトル

レコード全盛時代は、 音頭や小唄やカメルン、サンバ、おけさ、ワルツなど 実にいろいろありました。 気になった一部をご紹介します。 ◆しあわせ音頭◆オッペケ踊り →オッペケって? ◆かもねぎ音頭◆ホステス小唄 ◆りんごっ娘音頭◆じょんがらカルメン ◆ブラジル音頭◆おめでた音頭 ◆ホームラン音頭◆ワンワン音頭 ◆お座敷ワル…

続きを読むread more