テーマ:タバコ

25番、ラッキーストライク

ザ・細かすぎる、なんとか、という番組で コンビニでタバコ買うとき、のど自慢のようになる人・・ というネタがあり、ウケました。 コンビニのレジで、 「25番、ラッキーストライク」 最高でした。 ラッキーストライクは2度目かな。 当然、手には、ラッキーストライク!

続きを読むread more

ラッキー・ストライク

またしても社会的に地位のあったタバコ広告。 モデルさんかっこいいな。 先日も取り上げました、かっこいいサングラスのひと。 そう、サングラスの上に眉が出ないんです。日本人の多くは出てしまい、 どこか締まらない。。 全体広告はこちら。 有名なLucky Strike。ラフだけどおしゃれ。

続きを読むread more

こんなに肩身が狭くなったものも少ない

タバコほど時代に流された大衆嗜好品はないね。 数十年前は、駅でも町でもオフィスでも 手に持ったタバコなんて当たり前のシーン。 この広告を見たら、「え、なんでこんな自然の中で吸うの」と 思われる時代になってしまいました。 よく見るとふたりともタバコを持っています。

続きを読むread more

タバコは、さわやかに当たり前だった

たばこ。 野球場の観客席での喫煙はあたりまえでした。日本もね。 米国がたばこの広告を控えたのは 日本よりかなり早かったけど、 昔はこんなでした。 品名同様にさわかな環境でも。。 女性のこの一服感、最高。  この幸せそうな表情。 タールが少なくておまけにおいしいんだ、と。

続きを読むread more

たばこの広告 昭和

禁煙先進国のアメリカ人が昭和の日本に来て 驚いたのはタバコの広告、テレビCMの多さでした。 そんな時代の比較的珍しい銘柄のひとつをご紹介します。 今だったら、右側に写るサボテン形状の方が問題になってNG と思われます。 …

続きを読むread more

もうもうもうもうと煙っていきませんか

歌の最後の部分にこのタイトルのフレーズがあるのが、 吉田拓郎さんがライブで歌った”ハイライト”。 もうもうとしたタバコの煙が別に気にならなかった時代 を経験したけども、それから10年、20年経てば世の中 は変わるもので、 今の若者が知らなそうな事をいくつか。   

続きを読むread more