テーマ:沢田研二

あのころ、みんな潤ってた?

押入れから沢田さん。 歌番組やコンサートなどで忙しいにもかかわらず、 雑誌の取材や撮影にも応じるんだから 昭和のスターは大変だったと思います。 沢田さんもそのひとり。 写真撮影は、何回か着替えるし、 メイクもしたら大変ですよね。 だいたい、芸能界とテレビと雑誌は持ちつ持たれつで 全体に活気…

続きを読むread more

写真でも体温を感じる

押入れアーカイブスより、 話題だった映画シーンの沢田研二さん。 次のカットは ファンの方には、すみませんが目を瞑ってください。 男子からすると、中山麻理さんが秀逸なのです。 こちら、 肌の色が変わるほどの高揚シーンをしっかりカメラで捉えてます。 さすがふつうの男優さんでは なかなか撮れない名シーンだと…

続きを読むread more

ついにQB再開

待ってました。最近の行き付けは木曜日からだと。 休業前に、 サイドはバリカンで短くしたものの、だいぶ毛が伸びてしもた。 このジュリーのように長髪でかっこいいなら行く必要はないけど、 ムリ。

続きを読むread more

自粛解除の流れ 沢田さんとつり革

つり革用を直接握らないグッズが売ってました。 自粛解除になっても、つり革はどうもな、 と思う人いるでしょうね。 とは言っても、インフルだのノロウイルスだがあっても 平気でつり革を摑まっていたある意味平和の時が もう間もなく来ますよ。 あぐら? スーパーでのお買いもの。レジ袋の有料化で、こんな風に戻りつつある? …

続きを読むread more

重そうな女性を担いだ沢田さん

ひょんなことで経験があるのですが、 実は人を担ぐって大変なんです。 10kgの米を買って持つのって大変なのに、 ひとによるけど、女性だってその五倍あるひともいるでしょうから、 そらぁ、とんでもなく重いんです。 沢田さん、すごいな。 共演したこの女性、明らかに日本女性より重いと思います。

続きを読むread more

一等賞ってまだ使う?

押し入れアーカイブスより、 沢田研二さん。 運動会の駆けっこで一等賞をとった、って よく言いましたが、今でも「一等賞」は使うのかな。 そうか、歳末大売出しの抽選会でも使ってますね。 その「一等賞」の文字がある雑誌から 「ジュリーはやっぱ一等賞」。 出だしのコーラスから最高、と"おまえにチェックイン"をべた褒めす…

続きを読むread more

都市遊泳 沢田研二さん

押入れアーカイブスより、 都市遊泳読本キュー。 これは、隔金刊の雑誌で創刊号。 トップにもってきたインタビューは、沢田研二さん。 都市遊泳者にピッタリだったのでしょう!? 和やかにインタビュー。

続きを読むread more

君だけにと指を差す

かっこいいスターに指を差されて叫ばれたらキャーキャー言って失神するのもわかる気がする。 この指を差す前のモーションが実はかっこいいんです。 野球人間ならわかると思います。 ボールをキャッチした強肩の外野手が、キャッチャー目掛けてバックホームする力強い投球に至るフォームなんだな。 このスナップショットはまさにそ…

続きを読むread more

コロナと戦ったのはブルーバード

長年、コロナと戦ったのはブルーバード。「BC戦争」とも言われた。 8代目新型コロナ(T150/T160)の登場は、常に撃退体制にあるブルーバードに至上命令が出る。 迎撃用ブルーバードは、7代目のU11型を製造して迎撃態勢に入った。 撃退心を露にはできないCMでは、 やさしく、あかるく、たのしく、沢田研二さんを起用し、 BE…

続きを読むread more

結婚すればおめでとう、その前だと色々と・・

いつの時代もそうですが、1980年代も例外に漏れず、雑誌でのスクープネタが花盛りでした。 芸能レポーターの追っかけレポートやTV・雑誌での芸能人カップル相性占いなども盛んでした。 押し入れアーカイブスから1987年の男性雑誌より 週刊誌より

続きを読むread more

掲載された写真の数がすごい

ザ・タイガースのジュリーから沢田研二さんまで、雑誌に掲載された写真の数のすごいこと。 現代は、雑誌の数が少ないので時代背景かもしれませんが、 それにしても、 手持ちの押入れアーカイブスで見る限り、 ネット画像で見る限り、 とんでもなく多い沢田研二さんです。 押入れから、たったの4枚ですが紹介します。

続きを読むread more

樹木希林さんは印象深い

押入れアーカイブから紹介できる樹木希林(悠木千帆)さん。そごうで開催していた「樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展」が先日終わりました。 結構、晩年に掛けてのかっこいい希林さんの展示だったと思います。 個人的には、若くして腹が据わった女。何事も積極的な女性、という印象です。 1983年ごろ、すでに別居中だったあの「ロックンロー…

続きを読むread more

押し入れアーカイブスよりあべ静江さん

ブログ3度目かな、あべ静江さん。デビュー当時、他のアイドルとは違う品格を持っていた印象があります。 押し入れアーカイブスより、今見てもうっとりします。 Wikiさんをみると、父は、複数の楽器をこなすラジオ局の専属ミュージシャン、母は、別のラジオ局の専属歌手だそうです。なんか・・、品格とは結び付くかはわからない情報ですが音楽一家ではあ…

続きを読むread more

シーサイドでバウンド

すごいな、みんな身軽。 ところで、この手の画像をよく見ますけど近年は、デジカメやスマホの連写にて、撮る側は楽です。 もっともっと前は、フィルムカメラで連写機能もなくてこのような写真は、一発で撮れるか、わからない。 跳ねる側も、2~3回撮り直しされたら、きついね。しかも、踏ん張りが効かない'砂'の上だし。 こちら、1967年発売のザ…

続きを読むread more

スーツでタンバリンはかっこいい

"J"の向こうにいる沢田研二さん。以前も書いた気がします。着ているスーツが極上のウール地のよう。 わずかにグリーン色が混ざってる?グレーのスーツ。その色に合わせた絶妙のワイシャツもグリーン。 少しのぞいているペイズリー気味のネクタイもGOOD。 1960年代後半でこのハイセンスなコーデはスタイリストが居たのか? 当方は知らない。 …

続きを読むread more

有楽町のビルと屋上

1960年代の東京はビル建設ラッシュ。屋上は昼の憩いの場になりました。高層ビルなど初心者だった東京は、昼休みに各ビルの屋上で今では危険極まりないバレーボールなど当たり前にやっていました。 ところで、この風景がわかる人は、だいぶお歳も召しているでしょう。後ろの南側側面を見せているビルは近代的スカイラウンジを乗せた東京交通会館です。 よ…

続きを読むread more

68年ごろのザ・タイガースとその楽器

押し入れアーカイブスより、68年ごろのザ・タイガース。 検索サイトで出にくい画像なのでご紹介します。サリー岸辺さんのベースは、バイオリン型ベースでこじんまりしたヘフナーバイオリン・ベース(そのまんま)500/1。 加橋かつみ(トッポ)さんのギターは、ギルドの赤いセミアコシングルカッターウエィ。色鮮やかです。 ジュリーのタンバリンは…

続きを読むread more

みんなで歌おう? 時の過ぎゆくままに

えー、1970年前後はフォークソングというジャンルの曲が流行り出しまして・・、、と書かないと若者にはわからない。 当時、フォーク系の雑誌が多数ありました。押し入れアーカイブスから、そのひとつ「ヤングフォーク」から1曲紹介します。 そうこちらはフォークではなく、沢田研二さんの楽曲。 「みんなで歌おう」という雰囲気のフォークの雑誌…

続きを読むread more

ひとりしか知らない1971年の紅白出場予想

今年もあっという間に、師走近し。押入れアーカイブスより、1971年の紅白出場者の予想記事。 70年代以降もずっと活躍したGS時代からのスター、沢田研二さんが載ってませんがソロになっての初シングルが71年11月発売だったからでしょう。 うちの若い世代がこのリストを見て、「知ってるひと、誰もいない、あっ、和田アキ子は知ってる」と。 美…

続きを読むread more

ハレンチは破廉恥

押入れアーカイブスより、ハレンチ娘。ハレンチは破廉恥と辞書にあるので死語ではないけど以前よりは使わなくなった。 1970年代では児島美ゆきさん主演のハレンチ学園があまりにも有名で、それ以降生まれのひとには誰?何?という感じでしょう。当然ながらふつうのタレントとして活躍していて笑顔もさわやかで素敵な児島美ゆきさんだが、その後ハレンチ娘と…

続きを読むread more

25歳に賭ける

押入れアーカイブスより、沢田研二さん。いいねぇ、25歳の時に言ってみたかった。「GSアイドルから、おとなのタレントへ脱皮する~」とあるのは、1971年11月の取材記事。 そして、その12月にシングル「君をのせて」でソロでデビュー。そうです、ソロデビューしてからももうすぐ半世紀、まだまだエネルギッシュ!

続きを読むread more

大仏?、如来?、菩薩? はてさて

連休など出かけると、だいたい寺院仏閣に当たる。そんなに?と思うけどそれは気にしていないだけ。で、いつも・・如来とか観音様とかの違いも知らずに見ている。 ちょっと調べたら、 如来、釈迦は、仏教の最終目標、悟りの境地を開いた者、のことでそれは仏教の最終形態なので、最高位。鎌倉や奈良の大仏さんも如来。 菩薩は、仏教の悟りの境地をまだ開い…

続きを読むread more

たばこは当たり前の時代がありました

日本で、たばこのTVCMが平然とたくさん流れていることに、欧米人が驚いていた時代は30年ぐらい前でしたかね。 その後、日本が実質の禁煙風土になるまでは、タバコを公に吸う姿を隠す時期が続きました。 タバコを吸うひとにとっては、生活の一部で、例えば、駅のホーム、歩行喫煙、野球のスタンド、電車の中(灰皿付き車両)での喫煙はできて当りま…

続きを読むread more

沢田研二さん 白のスーツ

スーツ生活何十年。買ったスーツは数知れず。特に30代から50代にかけては、贅沢したわけではなく、体形の変化も相俟って、結果的にたくさん買いました。 でも、上下白なんてスーツは買ったことはないです。そりぁ、それでカバンを持って通勤したらおかしいでしょ。 ここで、沢田研二さん。奇抜な衣装もおおいけどスーツでのステージや番組登場は数知れず…

続きを読むread more