KenjiSawada『沢田研二』17

ティンパレス(Timbales)という楽器を初めて認知したのは、

1971年頃に活躍し出したラテン系バンドのSANTANAでした。

Chepito(チェピート)というパーカッショニストに圧倒されました。



それより前の1967年に、日本でザ・タイガースのシングル

「シーサイド・バウンド」でこの楽器をフルに挿入、しかも60年代

とは思えない演奏レベルで製作されていていることに感動します。




1984年頃になって、世界的に売れたシーラ・Eさんの代表曲

「THE GLAMOROUS LIFE」あたりは、ジュリーおよび、ザ・タイガース

に似ているパフォーマンスを披露しましたが、17年もあとのこと

です。





ジュリー&シーラ・E

画像















画像















パフォーマンス

画像















画像















軽やかにバックのメンバーとステップするところなんかそっくり。

画像















画像















ほぼ同じステージスタイルは、1967年に完成させていた

ザ・タイガースに感服します。そして、作品としてもすばら

しい「シーサイド・バウンド」です。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック