マーチン グランドコンサートモデル

マーチン グランドコンサートモデルについて

50年も前の雑誌解説を紹介します。

1973年当時の解説をヤングギターから一部引用します。


00-18、00-21、00-45といったダブルオーの冠称が付いたモデル。

00-18はウェスタンスタイル、他の2種はクラシックタイプでヘッドは

Sモデルと同じ。


00-45は、1902年にオリジナルができ、ステファン・グロスマン、

五輪真弓、加藤登紀子等が使用。

画像


















他に有名な、ニューヨーク・マーチン 0-16NY がある。

これは

ジョーン・バエズ、麻田浩さんらが使用。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック