The japanese life

アクセスカウンタ

zoom RSS 師匠のレベル

<<   作成日時 : 2019/01/11 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こどものころからテレビっ子。

昭和三十年代から四十年代のテレビ娯楽は、

落語・漫才・漫談の寄席、舞台劇。

個人的な印象でだけど

今にして、やっぱりあのひとの芸は師匠、達人、天才などに

当てはまると思えるひとは、

画像


古今亭志ん朝

藤山寛美

少し下がって
やすし、きよし

映画界の巨匠なら黒沢監督と小津監督かな




それにしても、今、歳をとっただけで師匠とか

巨匠とか言われてる人多くないですか。

つるんべさんなんか、

若い頃からまったく面白い話ができないひとで

カーリーヘアと和服の着こなしだけが印象に残ってる。

今も、雑談をなんとか繋いでいる程度で

なんで、師匠なの?



あぁ、それから松本人志さん。巨匠と聞いたことがあるけど

耳を疑いました。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
師匠のレベル The japanese life /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる